愉しき西洋骨董

愉しき西洋骨董

1984年

販売価格:0円(税込)

■著者:豊福知徳
■出版元:新潮社
■サイズなど:246弌176 スリップケース・ハードカバー・帯 133ページ
■状態:スリップケース/表紙に小傷あり(画像参照) 表紙裏表紙ともに経年のヤケ汚れあり 本体は概ね問題ありません。

帯より:
どうもぼくには物を買う事によってその物に対する執心を離れ、または超えるという心象があり、古い佳い物に対する希求の想いが物を買い取るという行為によって消え去って行くこの現象を、時々不思議な想いでふり返る事がある。(中略) しかし物を買うという事はそれなりのメリットはある。それは一度買った物より程度の低いものはもう買わないですむ事である。いわば物を買うという事は、一つのレベルを超えることという事ができようか。
三十年以上もこうして骨董あさりをして来て、やっとこの頃になってぼくなりに物を買う時の一つの基準らしいものができて来た。それはその物件が美術史の中でどの程度の意味合いをもっているかという事である。もっと具体的にいうならば、物がそのできた時代をどの程度に語っているか。いわば歴史の一片であり得るかという事実である。(本文より)





ホーム | 暮らし 工芸 | 評論・エッセイ | 愉しき西洋骨董

SD スペースデザイン SD スペースデザイン 1966年〜73年を中心にバックナンバーが入荷いたしました。
この当時のラディカルな思想を反映した誌面は、様々なジャンルの アーティストらが動員され、今でも新鮮な輝きを放っています。
美術手帖 美術手帖 近現代美術を中心に内外の美術動向を紹介する雑誌「美術手帖」の バックナンバー(1950〜60年代)が多数入荷いたしました。当時の展覧会や対談、 インタビューなど雑誌ならではの貴重な情報が満載です。